【振り返り】第213回TOEIC公開テスト・アビメ(新形式4回目)

こんにちは、Massyです。

ETSが10月に出版した、公式問題集のAmazon評判が恐ろしく悪いですね。
赤い表紙で格好良いとか言われてる例の本です。

★1つの評価が連発してるのに、TOEIC本のベストセラー1位。なんという矛盾・・

結局、文句言いながら、みんな買うしかないのかというとこでしょうか。
評判が悪いのは、問題のクオリティではなく、その高飛車な商売姿勢にあると読んでて個人的には思いました。

元々、公式問題集の解説(Vol.4~Vol.6と新形式の青と白の表紙の本は持ってます。)は色々な意味で不十分&不親切です。
少なくとも、TOEICスコア600点未満の人が自力で読んで、理解できるレベルのことはほとんど書いてません。
→ 私は、650点になった頃から、やっと公式問題集デビューできました。

一言でいうと、ETS(=正確には日本主催のIIBC)の傲慢な姿勢がよく表れています。
→ TOIEC L/Rのスコアは就職、転職で評価される指標だし、どうせ買うよね?みたいな。

そうか、いい商売だなと。でもこういう驕った考えは、必ず強烈なしっぺ返しが来るでしょう。

☆彡・・ということで、反骨の精神とIIBCへの無言の抗議も兼ねて、私は、韓国版RC500をポチっと押しました。(←LC500は春先に早々に仕入れてます。)
うん、でも、結局、TOEICの公式本を買ってるし。。

12月の明治IPも入金して、明日ギリギリで12月公開テストを申し込む予定(←会場の部屋割り当ての対策で、ギリギリにしてます。幕張メッセの大ホール引くと、音が拾えず、リスニングが1回も400点超えないので回避策です。)なので、なんだかんだ文句言いながら、日本のIIBCに沢山お金を納めているMassyなのでありました。

やっぱり自分もTOEIC好きなのかな?


さて、愚痴?もほどほどに、そろそろ本題に入ります。今回は、順番が前後してしまいましたが・・


9月・公開テストの結果(第213回/新形式4回目)のアビメ振り返りをします。


この回も、フォーム番号はバーコードに変更されたまま、読めず。
→ 引き続き、Part1の写真で見分ける方法で情報収集となりました。
→ 1枚目の写真が、『宝石(ジュエリー)展示で、人が写ってない』のフォームでした。

リスニング400点切ったのは何が原因だったのだろう?と不思議に思いながら、封筒を開きました。
うーん、そうか。Part3、4がアカンかったのね。。と知らされたアビメは以下の通りでした。

やっぱ、新形式は大変だと思いました。

【1. スコア結果】

T: 720 (L:390 / R:330)


<参考記録>(全体平均スコア)
Total:572.9 (← 7月比で-14.0点)
L:314.7 (← 7月比でー5.9点)
R:258.2 (← 7月比でー8.1点)

受験者数:111,327人
標準偏差の母集団:2013年1月から2015年12月に世界中で実施されたTOEIC公開テストの総受験者のスコアと比較し、算出されている。(← ETS資料より抜粋)

※受験者数が7月と比較して、35,000人ほど増えています。

平均点が10点以上下がったのは、新形式に慣れていない受験者が多かったからでしょうか?


【2. アビメ】

()内の数値は、全体の平均正答率

L: 390 ,
L1:94(66),L2:58(63),L3:93(74),L4:72(57),L5:80(57)


L ,Percentile rank: 66 ,
R: 330 ,
R1:52(48),R2:62(56),R3:55(45),R4:69(52),R5:74(65)


R ,Percentile rank: 63 ,


◆感想

・L1, L5: は今回に関してはかなり健闘したといえます。
→ L1:は英会話教室でアウトプットを続けている効果ではないか?と自己分析しました。いつも足を引っ張っていた項目ですので、ここの改善は評価できます。

・Part3,4 でL5:=MIC系(セリフ付きのコメント意図を問う問題)は過去最高の数値で健闘しました。反面、L2:で平均値以下に沈み、スコア的にはこの項目の大失速が大きく足を引っ張ってしまいました。
→ MIC系と図表系に意識をし過ぎて、全体の話とキーワードを聞き逃すという、一番やってはいけないことを連発してしまったのが原因とみています。
→ 先読みは常に1セット半は先行する!ということに囚われ、今から解くべきセットへの対応を疎かにしてしまい、自滅してしまいました。次回=11月には同じこと繰り返さないよう気を付けたいと思います。。


・リーディングは、Part7に時間をかけた割にはまったくお話にならない正解率となってました。
→ 本文がまったく読めてないわけではないので、文意のニュアンス取り違い、設問の意図が正しく汲めてないといった精度に課題を残す内容でした。

※厳しい言い方をすると、それを英文が読めていないという判定になるのが辛いとこですが。


・News Digest(ジャパンタイムズ社)の精読、音読はTOEICレベルの英文を速く読むのに役立ってる気がしてます。
→ 結果が出ないのはちょっとシンドいですが、諦めず愚直に続けていきます。


【3. 試験当日の個人的な難易度(再掲)】

当日速報の記事で書いてますが、纏めて書いておくと、自分の反省にも使えるので、再掲しておきます。

《a. 当日の個人的な難易度》

◎リスニング(以下、L:)
P1:やや易
P2:普通
P3:普通〜やや難(中盤以降は、難)
P4:普通〜やや難(冒頭でのヒント聞き逃さない人達には、普通レベル?)
◎リーディング(以下、R:)
P5:やや易〜普通
P6:普通
P7-シングル:普通〜やや難(塗り絵:4)
P7-ダブル:普通
P7-トリプル:普通〜やや難(塗り絵:5)


《b. リーディングR: 通過時間メモ》

P5 → 13:57(11分)通過
P6 → 14:07(10分)通過
ここから、Part7はトリプル(T)塗り絵→ダブル(D)→シングル(S)の順で完全逆走しました。
P7 → 54分の残
T:最終セット5問塗り絵、14:23通過(16分)
D:塗り絵なし、14:35通過(13分)
S:最終セット4問塗り絵、15:00通過(24分)
トータル9問塗り絵、15:00投了。1分余りも何も出来ず。


という感じでした。

正直、新形式のTOEICに関しては、旧形式と比べて小手先のスコアアップ・テクニックが通用しにくくなって良いテストになってると思います。
逆に言うと、英語力の底上げ無しに、高いスコアを望みにくい(少なくとも、800点、900点の壁については)実力至上主義の厳しいテストになってしまいました。

個人的には、テスト対策だけで、1日1模試とかやってもダメな人は一生ダメな絶望的な試験に変貌したと感じています。
世の中のTOEIC専門塾、TOEIC対策本がどのようなアプローチで苦しむ受験者を手助けできるのか?非常に興味をもって、TOEIC界のトレンドを見守っています。



【次回予告】

10月のIPテスト3連戦の初戦・明治IPは残念ながら750点で失敗していました。
そして、2戦目のGaba-IP(英会話教室)のスコアシートが手元に返ってきました。

一部のお友達には、報告済みですが、なんと1年ぶりに800点奪還に成功していました!!(←旧形式ですがww)

次回、一体どんな結末を迎えたのか、発表させていただきますので、お楽しみに!


2016/10/31
Massy

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Massy(マッシー)

Author:Massy(マッシー)

・大阪出身、千葉在住のサラリーマンです。
・来たる東京五輪で、ホームステイの受け入れ(=ホストファミリー)出来るレベルの英語力を付けたくて、勉強してます。

🌟2015年05月に、T: 730点を達成しました。

🌟2015年11月に、英検2級に合格しました。

🌟2015年11月に、T: 800点を達成しました。

【TOEIC スコア履歴】
#2012年度#
*初受験*
初夏? 410(詳細不明)
#2013年度#
月 回数 Total (L / R)
03 178 425 (L230/R195)
06 181 495 (L280/R215)
07 182 525 (L315/R210)
*10月より花田塾に入門
10 184 495 (L290/R205)
11 185 600 (L330/R270)
#2014年度#
01 187 600 (L340/R260)
03 188 650 (L345/R305)
@最高点に浮かれて一時休止@
*5月下旬ブログを開設!
05 190 610 (L345/R265)
07 192 535 (L250/R285)
*8月にトミプロ初参加
*9月より2.0倍速トレ導入
09 193 695 (L380/R315)
11 195 675 (L325/R350)
12 196 720 (L360/R360)
#2015年度#
01 197 705 (L380/R325)
02 #IP 720 (L385/R335)
03 198 705 (L385/R320)
*5月よりトミプロ(リスニング強化プロジェクト)参加!
05 #IP 735 (L405/R330)
05 200 795 (L415/R380)
06 201 790 (L410/R380)
07 202 770 (L395/R375)
09 203 745 (L400/R345)
11 #IP 680 (L330/R350)
11 205 825 (L430/R395)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR