【800点突破記念_②】デザインプレーのチカラ

皆さん、こんにちは。
早くも1月速報の日ですね。

普段の学習は、引き続き、音読とシャドーイングを文法特急2 と、ウーゴの音源で続けています。

少々、面倒ですが、教材に関係なく、真の底力を上げる方法として継続して、新形式でも頑張りたいと思います。


今回は、中断していた800点突破記念の第ニ弾❗️、【2_デザインプレーのチカラ】 です。

今回は、主に、公開テスト本番で、手持ちのチカラを最大限発揮するためにMassyが取り組んでいる方法論です。

趣味の世界にも近付いていますが、試験中の時間配分でお悩みの方には参考になることあるかもしれません。

テーマは、大きく分けて3つあります。

❶ 試験当日の食事と体調管理

❷ 試験中の時間配分とやるタスクの明確化

❸ 失敗した(=上手く流れに乗れない)時のメンタル対処法



の 3つを大切にして、私は、毎回の公開テストを受験しています。

まず、❶ 試験当日の食事と体調管理についてですが、ブログやオフ会で色々な方のお話を聞くと、皆さん凄く工夫されているなと感じます。

本人に合う方法は、千差万別ですが、Massyはこうしてるというものを書いてみます。
今まで、お会いした方にお話してきた内容なので、目新しいことはありませんが。

 ❶-a. 10時半以降は、ご飯を食べずに意図的に、飢餓状態をつくる
→ 自己責任でやってることなので、あまり、オススメはしませんが、ヒントは箱根駅伝の強豪チームを参考に自分なりに考えました。

・水分補給は最小限やりますが、15時20分は体力尽きるように逆算して、試験で最大限にチカラを発揮することを意図しています。

 メリットは、周辺にガサガサと煩かったり、ヤル気がなくなって(=戦意喪失)試験中に寝てしまう人がいても気にならないことです。正確には、体力が試験に振り向ける分しか残していないので、構ってるヒマがないということです。

昔、リスニング中にバタバタと足をさせる人とかに、イライラして自滅したあとに対策として、考えました。

デメリットは、水分補給に失敗すると脱水症状になって、最後の30分で電池切れになることですが。危険な方法ですが、ギリギリまで自分を追い込むには必要な戦術として、今もやってます。


❶-b. 10時半以降は、日本語で会話をしない。

・私的には、ごく当たり前のことなのですが、英語の試験を受けるのに、12時過ぎて友達と会話を普通にしている人たちの神経が未だによく分かりません。

知り合いに合えば、会釈と『今日は、頑張りましょう。』くらいのエール交換はしますが、後は試験受付で、最低限の会話をして終わりです。

ここまでやる必要あるのか?と思う人もいらっしゃるかと思いますが、この辺りは個人的にやってることのご紹介なので、流していただければと思います。


次に、❷ 試験中の時間配分とやるタスクの明確化についてです。

ここのキーワードは、本番中に決してアドリブをしない❗️ということに尽きます。

・例えば、採点スポーツのフィギュアスケートや、舞台のお芝居、映画やドラマには全て決められた役割とシナリオが存在していると思います。

・アドリブはあったとしても、失敗を誤魔化すためか、流れの中で起きてしまうレベル感で止まるはずです。

TOEICは、考えないといけない部分もありますが、スピード重視のテストでもありますので、試験中に考え込む時間はありません。
→ 基本的に反応勝負なので、自分の中に吟味するだけのネタが蓄積されていなければ、いくら悩んでも時間の無駄だと考えています。

なので、私は以下の事前準備をして試験に臨んでいます。

❷-a. リスニングの先読み時間の確保

 ・Part1、2のディレクション(=問題説明中)の時間を測っておいて、10秒ごとにやるタスクは全て書き出して、その通りやります。
→ 目標の先読み数は、出来れば設問&選択肢で4セット〜5セットに設定しています。

大体、先読みで上滑りして、3セット以下しか読めないとその回は失敗します。

❷-b. Part5&6の最低通過時間を事前に決めておく。

・世の中、合わせて20分通過が推奨されていますが、中々難しいですよね。私の場合は、Part5・・15分、Part6・・7分 で設計しており、時間オーバーしそうな時は残りの問題を事実上の塗り絵をします。

要は、Part7に、最低53分以上を残す‼️は、守らないと、私の場合スコア出ませんので、ここだけは譲れないポイントと設定して苦しい展開でもこの点は死守します。

❷-c. Part7の塗り絵の数を残り時間に応じて、事前に決めておく。

塗り絵なんかないよ❗️って方には関係のない話なので、そういう方は読まなくてもいいです。ふーん、そうなんだってとこでしょうか。塗り絵10個以上出る人には、読んでほしいです。
前述の❷-b. と連動していますが、ここも事前デザイン通りに動きます。

・但し、試験の難易度と展開は今の自分の実力ではコントロール出来ませんので、以下の基準を決めています。

残り54分 ・・塗り絵5〜8
残り53分 ・・塗り絵7〜10
残り52分 ・・塗り絵9〜12
残り51分 ・・塗り絵11〜13
残り50分 ・・塗り絵12〜16


・・当然、この調子で50分切るとどうなるかは、分かりますが、崩壊の一言です。

そうならないように、必死に試験中に調整をするのが毎回の日課です。


最後に、❸ 失敗した(=上手く流れに乗れない)時のメンタル対処法についてです。

ここのキーワードは、崩れた(=ショック😨を受けた)問題の次を如何に踏ん張るか❗️ということに尽きます。

❸-a. リスニングなら、ダメなセットは捨てて次に備える時間を生み出す。

・言葉で書くとカンタンですが、実践は難しい。でもやらないと、大崩れは必至です。

→ その為に、普段の模試から、崩れた時はチャンスと思って捨てる練習をしています。

・普段、準備や練習できていないことは本番では、絶対に出来ませんので。

❸-b. リーディングは、Part7で読みやすそうな(=解きやすい)問題を探し、ダメな時は躊躇なく撤収する勇気を持つ。

・Part7の開始後の30秒〜50秒くらいは、問題文のセットを全セットパラパラっと見ていきます。
→ 何も解かないので、一見時間の無駄にも見えますが。。

・ここで、捨てるセットは前述の残り時間のシナリオと合わせて絞り込み、まず塗り絵を完成させます。

・もう一つの基準として、本文を2回読んでも筋が掴まらないセットは、勿体無いですがその場でテキトーに解答して、二度と戻りません。
→ 経験上、2分で3〜4問解ける問題と、5分考えてもほぼ全滅する問題は、時間をどんなにかけても正解率が逆転することはありません。

配点に差がないのであれば、解きやすい問題を探せる能力高いほど、スコアにも良い影響があると考えて、毎回、実行しています。


また、長々と書いてしまいましたが、500〜700点くらいで試験中に時間の使い方をもっと改善したいという方のヒントになれば、幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次は、憂鬱ですが、本日発表予定の1月公開テストの速報を記事にします。


2016/02/22  Massy

テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Massy(マッシー)

Author:Massy(マッシー)

・大阪出身、千葉在住のサラリーマンです。
・来たる東京五輪で、ホームステイの受け入れ(=ホストファミリー)出来るレベルの英語力を付けたくて、勉強してます。

🌟2015年05月に、T: 730点を達成しました。

🌟2015年11月に、英検2級に合格しました。

🌟2015年11月に、T: 800点を達成しました。

【TOEIC スコア履歴】
#2012年度#
*初受験*
初夏? 410(詳細不明)
#2013年度#
月 回数 Total (L / R)
03 178 425 (L230/R195)
06 181 495 (L280/R215)
07 182 525 (L315/R210)
*10月より花田塾に入門
10 184 495 (L290/R205)
11 185 600 (L330/R270)
#2014年度#
01 187 600 (L340/R260)
03 188 650 (L345/R305)
@最高点に浮かれて一時休止@
*5月下旬ブログを開設!
05 190 610 (L345/R265)
07 192 535 (L250/R285)
*8月にトミプロ初参加
*9月より2.0倍速トレ導入
09 193 695 (L380/R315)
11 195 675 (L325/R350)
12 196 720 (L360/R360)
#2015年度#
01 197 705 (L380/R325)
02 #IP 720 (L385/R335)
03 198 705 (L385/R320)
*5月よりトミプロ(リスニング強化プロジェクト)参加!
05 #IP 735 (L405/R330)
05 200 795 (L415/R380)
06 201 790 (L410/R380)
07 202 770 (L395/R375)
09 203 745 (L400/R345)
11 #IP 680 (L330/R350)
11 205 825 (L430/R395)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR